ANGEL(卒業後) - 1

Angel (2001.7) (1/2/3/4
 祠堂学院を卒業して3年。 | |  オレは親父のあとを継ぐ為にアメリカに、託生は日本の音大に進んだ。  | | 「一緒に行けない」

翼を広げたAngel (2001.8) (1/2/3
「ニューヨーク時間、明日の午後2時45分。ジュリアード入学の為、葉山がケネディ空港に着く」 | |  葉山の乗った飛行機が飛び立つのを見届けた僕は、成田の駐車場でニューヨークにいる相棒に電話を掛けた。

舞い降りたAngel (2001.8) (1/2/3
 ぼくはセントラルパークの湖のほとりに立っていた。 | |  冬のニューヨークは、日本と比べ物にならない程寒い。しかし、今のぼくには外気よりも、心が冷たく凍り付いていた。

舞い降りたAngel〜ギイバージョン〜 (2001.9)*Night* (1/2/3/4
"タクミ君が、見つかったそうだよ" | |  託生を探して街の中を彷徨い歩いていた時、ポケットの携帯が鳴りジェイスが告げた。 | |  デリンがそのまま家に連れて帰り、風呂にでも入れておくと言う。

Memory (2001.8) (1/2
「託生の荷物を取りに行こう」 | |  ギイの一声で、あれよあれよと連れられて、ぼくは一週間ぶりに日本の地を踏み締めた。

《Lucifer》 入室前のご注意 (1
入室前の注意事項を、必ずお読みください。


[8]NOVEL TOP
[0]HOME

HTML Dwarf mobile