重なり合う心(高校3年生) - 1

束縛 (2001.8) (1/2/3
 暑い!まだ7月だと言うのに、この暑さはなんだ?山奥で、下界よりは幾分涼しいはずのこの祠堂でも、30℃を越える真夏日である。 | |  オレこと崎義一は、日曜日の朝遅くかったるい体をおして、朝食を食べていた。

Tonight (2001.9) (1/2/3
 只今夜の6時半。ぼくこと葉山託生は、学食で一人夕食を取っていた。 | | 「葉山君、ちょっといいかな?」 | |  頭上から降ってきた声に顔を上げると、二階階段長でありブラスバンド部の部長、野沢政貴。

FILE (2001.9) (1/2
 夏休みが始まって二週間。オレは毎朝託生の家に、国際電話を入れていた。 | |  日本時間で午後十一時というところであろう。 | | 「そろそろ寝ないと、明日起きれないだろ?」

After FILE(2001.9)*Night* (1/2/3/4
 どうして、こんな事になってしまったのか。 | |  瞳を閉じても感じるギイの舐めるような視線に、ぼくの体は熱く疼きが駆け抜けていく。

remenber again (2002.1)*Night* (1
 マンハッタンにあるギイの自宅。 | |  帰国したとたん風邪をひき、ベッドで休んでいたギイの元に、恵利子の飼い猫が忍び込んできた。

章三シェフのお菓子教室 (2002.2) (1/2/3/4
「どうして僕が、こんな事をしなくちゃいけないんだ?!」 | |  調理室のテーブルに苛立ちながら、それでも量は正確に計り、材料を並べていく。 | |  確かに、大学の合格通知は貰っているので、他の連中に比べて優雅な時間がある。

願い (2002.9) (1
「ついてない!」 | |  本当に今日はついてない。 | |  オレ事、崎義一は温室の扉を閉め、林の遊歩道を歩いていた。 | |  松本の用事が思ったよりも早く終わり、30分空いたのだ。


[3]次へ

[8]NOVEL TOP
[0]HOME

HTML Dwarf mobile