穏やかな時間の中で(高校2年生) - 1

眠れない夜 (2001.9) (1/2
「何か顔についてるか?」 | |  消灯間際、305号室に帰ったオレは、宿題をするべく机に向かった。だが、託生の視線を背中に感じ、ペンを置いて振り返った。 | | 「え、あ………なんでもない」

Sweet (2001.9) (1/2
 託生と同室になって、初めての日曜日。朝から快晴。オレの心も快晴。 | |  今日、初めて託生と街に出る。 | |  大それた事ではないが、オレにとって夢にまで見た二人きりの外出。昨晩は、遠足を待つ子供のように、なかなか寝付けなかった。

face (2001.9)*Night* (1/2/3
「託生………」 | |  ギイの口唇が降りてくる。 | | 「ん………」

勘違い (2002.2) (1
 消灯を迎え電気も消えた305号室。 | |  今日は体育があった為、おとなしくお互いのベッドに横になり、オレはうとうとと眠りに引きずり込まれそうになった時、隣のベッドから小さな声が上がった。

朝の風景(2003.4) (1
 オレの起床時間は6時。 | |  目覚ましなしで起きちまう。 | |  尤も、目覚ましなぞ無粋なものをかけて、託生を起こしてしまってはオレの楽しみが減ってしまうのだが。

タダより高いものはない? (2003.5) (1/2
 夕食もお風呂も済み、只今夜の10時。 | |  後は寝るだけと明日の用意をしていて気が付いた。 | | 「英語の宿題、忘れてた………」

ポジション(2003.7) (1/2/3
 託生と同室になって、早2週間。 | |  初めの頃はお互いの生活のペースが掴めず、オレはともかく託生は戸惑っていたようだが、今では一日の時間の流れを共有できるようになった。

Secret(2003.11) (1
 ギイが友人に呼び出され、帰りは消灯間際だろうなぁと考えたぼくは、少し時間が早かったのだが、お風呂に入る事にした。 | |  いつもなら、順番を待っているギイに気を使い、ゆっくりと浸かる事が出来ないのだが、今日は別。


[3]次へ

[8]NOVEL TOP
[0]HOME

HTML Dwarf mobile