Petit in Dreams(卒業後) - 1

Dream〜ギイバージョン〜 (2002.5) (1/2/3
 暖かい日差しの当たる居間で、オレは時間潰しにパラパラと雑誌を捲っていた。 | |  久しぶりの連休。 | |  にもかかわらず託生は大学で、朝からいない。

Dream〜託生バージョン〜 (2002.5) (1/2
「はぁ、今日も遅くなるのか……」 | |  ただ今午後10時。 | |  いつもの事ながら、ギイからの「先に休んでいてくれ」のコールについ溜息が零れる。

Marine Bule Dream (2002.7) (1/2/3
 高層ビルの最上階。 | |  案内された応接室で、形ばかりざっと書類に目を通しサインをする。 | |  ここ数ヶ月かかりっきりであった仕事に終止符が打たれた瞬間、張り詰めた空気が緩み、一同の顔に安堵の笑みが浮かんだ。

プチの呟き(2002.4) (1
「ただいま〜」 | | 「お帰り、託生」 | |  ふっと空間に浮かび、にっこりと微笑を浮かべた託生に、ギイは驚きもせず当たり前のように言葉を返した。

傍にいるよ(2010.9) (1
「Marine Bule Dream」の続きとなります。 | | ので、プチは出ません。

Afternoon Dream (2010.10) (1/2
 上の空で課題曲を弾いていた腕を止め、大きく溜息を吐いた。 | |  窓の外は透けるような青空なのに、ぼくの心はどんよりと曇り、言い知れぬ寂しさが広がっている。


[8]NOVEL TOP
[0]HOME

HTML Dwarf mobile