真実の行方(高校2年生) - 1

ギイくんの悩み事 (2002.2) (1
 心も体も、一つになって早一ヶ月。 | |  夏の日差しがキラキラと輝き、木々の間から光の柱が幾重にも折り重なっている。

託生くんの悩み事 (2002.8) (1/2/3
「崎、葉山、いるか?」 | |  ノックと同時に舎監の先生の声がした。 | | 「オレも託生もいますよ」

真実 (2002.9) (1/2
 授業が終わり、珍しく用事がないギイと一緒に帰ってきた305号室。 | |  とりあえず宿題を片付けているぼくの後方で、ギイはベッドに腰掛け、愛読書プレジデントを難しい顔をして読んでいた。

first (2003.1)*Night* (1/2/3
「託生………ごめん」 | | 「……………」 | | 「なぁ。謝るから、許してくれよ」

秘密(2003.6) (1/2/3
「一応、全部詰め込んできましたが」 | | 「あぁ、すまなかった。島岡、助かったよ」 | |  まどろみの中、漏れ聞こえてきた声に、うっすらと目を開けた。


[8]NOVEL TOP
[0]HOME

HTML Dwarf mobile